【Tryup】ホテル旅館フロント管理、パソコンPOSレジ、券売機&POS集計システム 企画・開発・販売

拡張:窓口発券・チケット発券&当たり券発行

スキー場のリフト券や水族館の入場券の発行、飲食店などの食券発行、取引回数ごとの当たり券発行などが可能です。


窓口発券とは?
本システムは拡張する事により、スキー場のリフト券や水族館の入場券を
発行することが出来ます。これを窓口発券と呼んでいます。
窓口発券の場合、専用プリンタ(写真)を使用し、1本300mのロール紙をセットし印刷が出来ます。このロール紙は券売機で使用される物と同じなため、入場券等を券売機と窓口発券の両方で管理したい施設は、同じロール紙を使用出来るため、消耗品のコストが大幅に下がります。


窓口発券プリンタ外見   プリンタ構造      ロール紙(300m)    

印字デザイン一例

チケット発券とは?
窓口発券とは違い、専用ロール紙を使用せず、レシートプリンターより発券する券をチケット発券と呼んでいます。
例えば前金精算の飲食店の場合。
お客様がレジで精算した時、お客様用のチケットと厨房用のチケットがそれぞれ発券されます。双方のチケットには同じ番号が付きます。料理が出来上がったら、ホール係は厨房用のチケット番号と同じお客様へ料理を運びます。(イラスト)
チケット発券は、窓口発券までの券が必要でないお客様向けです。


当たり券とは?
管理保守で設定すれば、お好きな取引回数毎にレシートプリンターから「当たり券」を発行出来ます。
例えば、管理保守で取引回数100回目の倍数時に、「200円割引券」を発行する設定をすれば、その取引時の明細伝票に続いて「200円割引券」が発行されます。
 割引券発行イメージ
POS画面には「割引券発行!!」のメッセージが表示されます。
※発券するタイミングは、取引金額でも設定可能です。
※当たり券以外でも、前もって割引券やクーポン等を発行しておくことも可能です。

【お客様コメント】
戸隠スキー場&キャンプ場  元村 幸久 様
http://www.togakusi.com/camp/
http://www.togakusi.com/

夏は戸隠キャンプ場の2つある売店で各1台ずつ、冬は戸隠スキー場のレストラン&売店で1台、喫茶店で1台、レンタルで1台使用しています。夏と冬でシーズン終了後、同じPOSマシーンを持ち運び活用しているためコストが半分になりました。
レストランと喫茶店は前金精算のため、お客様へ精算時にチケットをお渡ししています。レストランでは券売機も導入しておりますが、繁忙期にはこのチケット機能が助かっています。また、クーポンやカード精算もPOSがかかさません。売店では在庫管理も使用しています。システムへの注文は細かい場所で1ヶ所ありますが、ほぼ問題なく使用しています。

 野麦峠スキー場




株式会社 トライアップ
〒390-0825
長野県松本市並柳1丁目24番2号
TEL: 0263-28-9538
FAX: 0263-28-9573


RSS
Facebook